太陽と完熟野菜のマリアージュ

~天日自然乾燥へのこだわり~

乾物のおいしさ

乾物には、単なる「野菜乾燥食品」にとどまらない、独特の風味・おいしさがあります。
これは、乾燥が太陽光線や自然風を受けながらゆっくりと時間をかけてなされるためです。
野菜が紫外線を浴び、風に水分を奪われ、細胞がストレスを感じて耐性物質を生成します。
その物質がグルタミン酸などのアミノ酸であり、うまみとして感じるのです。
まるつねでは、この天日自然乾燥の良さに着目し自社栽培・自然乾燥野菜にこだわってきました。
冬の日照時間日本トップクラスの栃木県、年間日照時間日本トップクラスの宮崎県に自社農場を置き、栽培から乾燥まで一貫して行う仕組みを整えています。この取り組みを強化して自然乾燥野菜商品を増やしてまいります。

下野新聞 H22.2.13掲載
下野新聞 H22.2.13掲載
下野新聞 H22.2.13掲載

|