高知大豊ぜんまいの採り方

  • とり方
  • 高知大豊産ぜんまい水煮
ゼンマイの取り方画像1
四国の屋根、土佐嶺北大豊町
ゼンマイの取り方画像2
専用の釜でゆでます。
ゼンマイの取り方画像3
食感を良くするため手で揉みながら乾燥させます。
ゼンマイの取り方画像4
最高級の大豊産ぜんまい
ゼンマイの取り方画像5
一気に釜あげします。
ゼンマイの取り方画像6
この、バチの部分は硬くて食べられません。
ゼンマイの取り方画像7
山の斜面、腰籠にいれていきます。
ゼンマイの取り方画像8
ハリがあって、つややかです。
ゼンマイの取り方画像9
ひとつひとつ、丁寧にバチを取り除き水煮されます。
QRコードから携帯電話(またはパソコン)でアクセスして、商品の原料の情報(産地、栽培歴や使用資材等)をトレースすることができます。また、より安全、便利にお使い頂くために、レシピ、使用・保存方法、遺伝子情報やアレルギー情報等も公開しています。
畑の履歴書®にアクセスして検索手順どおり進み、左図の生産ロット番号(12桁)と、商品バーコード(13桁)を入力するだけで、「収穫日(年度)・加工日・出荷日」のトレースが可能です。
店頭端末機不要の当社独自システムですので、導入コストはゼロです。また、保守管理は全て当社で行ないますので、面倒なデータ管理も不要です。
<商品特長>                                                                  高級ぜんまいの産地高知大豊産の契約栽培品です。
・原料には、4年株以上※の風味の良い若芽(手もみ天日乾燥品)を使用しております。
 (※野生株を移植した場合で最低4年の育苗期間が必要、胞子から栽培した場合には実に7年もの期間を要する)
・熟練農家の腕で一本一本、ていねいに成長を見極めながら手つみ収穫をしております。
・当社「畑の履歴書」生産情報公表システム(商品袋 表面QRコード)搭載です。

|