南宮崎産切干大根のつくり方

  • つくり方
  • 切干大根革命
  • 南宮崎産切干大根
  • 業務用
南宮崎産切干大根のつくり方1
真冬の宮崎は、360度真っ白です。
南宮崎産切干大根のつくり方1
大根育てて40年、南宮崎の会、会長の宮田さん。プレートで管理方針を明確に。
南宮崎産切干大根のつくり方1
風上に向けて、乾燥棚を組み立てます。
南宮崎産切干大根のつくり方1
にわか雨、小雨ならビニールでしのげますが、四六時中天気との格闘です。
南宮崎産切干大根のつくり方1
風上に向けて、乾燥棚を組み立てます。
南宮崎産切干大根のつくり方1
風上に向けて、乾燥棚を組み立てます。
南宮崎産切干大根のつくり方1
風上に向けて、乾燥棚を組み立てます。
南宮崎産切干大根のつくり方1
風上に向けて、乾燥棚を組み立てます。
私たちが南宮崎の会です。
私たちが南宮崎の会です。
  千切大根作りは、真冬の極寒の中で行う重労働です。
  後継者不足で、生産農家が減少していく中で、
  伝統ある宮崎の特産品を守るため、
  「伝承」と「革新」をテーマに、熱く活動しています。
千切り大根生産部会「南宮崎の会」 本部:有限会社隆 糧 
上段左から:戸崎昌保(隆糧工場長)、湯地義彦さん、久島貞明さん、川越宮男さん、大野勇介さん
下段左から:黒木茂さん(副会長)、宮田義忠さん(会長)、浅部宏一さん
革命前夜画像
①大根を抜いて、洗浄場に運搬
革命前夜画像
②スライス場に運搬してスライス
革命前夜画像
③干場へ運搬
革命前夜画像
④手作業で掻きだす
革命前夜画像
⑤一家総出で干す
革命前夜画像
問題点
1、①~⑤で5時間かかる
2、一家総出、しかも、寒くてつらい
3、運搬回数、滞留時間で大根のうま味や,栄養分が大量の汁で流れ落ちてしまう
機械を組み合わせることにより、一連の作業を、なんと「10分」で行えるように改善しました。
しかも、慣れれば一人でできます。
運搬と滞留がないので、大根のうま味や栄養分を凝縮できます。
また、異物混入の危険性も減少しました。
浮いた時間で話題の知事を突撃訪問
QRコードから携帯電話(またはパソコン)でアクセスして、商品の原料の情報(産地、栽培歴や使用資材等)をトレースすることができます。また、より安全、便利にお使い頂くために、レシピ、使用・保存方法、遺伝子情報やアレルギー情報等も公開しています。
畑の履歴書®にアクセスして検索手順どおり進み、左図の生産ロット番号(12桁)と、商品バーコード(13桁)を入力するだけで、「収穫日(年度)・加工日・出荷日」のトレースが可能です。店頭端末機不要の当社独自システムですので、導入コストはゼロです。また、保守管理は全て当社で行ないますので、面倒なデータ管理も不要です。
<商品特長>
南宮崎清武地区を中心とした伝統的なスノコ乾燥製法で仕上げた天日自然乾燥切干大根です。完熟した大根の濃厚な旨味と、やわらかで味しみの良い食感が自慢の高品質食材です。
<商品特長>
南宮崎清武地区を中心とした伝統的なスノコ乾燥製法で仕上げた、天日自然乾燥切干大根です。完熟した大根の濃厚な旨味と、やわらかで味しみの良い食感が自慢の高品質食材です。

|