栃木産無添加かんぴょうのつくり方

  • かんぴょうのつくり方
  • 栃木産かんぴょう
太陽の下、敷き藁にツルを巻きつけて、力強く伸びる夕顔の畑。
真夏の夜に、純白の花を咲かせます。
暗がりの中の受粉作業、「花合わせ」
一番玉の収穫。炎天下で続けてきた過酷な作業が報われる瞬間です。
大谷石蔵前に積まれた夕顔の実。
真夜中の1時から、家族総出でシュルシュルと剥きます。剥いて干して、朝の6時頃までかかる大変な作業です。
太陽の光で乾かして、かんぴょうのできあがり。
QRコードから携帯電話(またはパソコン)でアクセスして、商品の原料の情報(産地、栽培歴や使用資材等)をトレースすることができます。また、より安全、便利にお使い頂くために、レシピ、使用・保存方法、遺伝子情報やアレルギー情報等も公開しています。
畑の履歴書®にアクセスして検索手順どおり進み、左図の生産ロット番号(12桁)と、商品バーコード(13桁)を入力するだけで、「収穫日(年度)・加工日・出荷日」のトレースが可能です。店頭端末機不要の当社独自システムですので、導入コストはゼロです。また、保守管理は全て当社で行ないますので、面倒なデータ管理も不要です。
<商品特長>
完熟堆肥や有機質肥料を中心に土作りを行い栽培した、食味に優れた夕顔干瓢です。農薬や化学肥料の使用を、可能な限り(50%以上)削減することに成功した体に優しい「とちぎの特別栽培農産物(Link-T)」認証農産物です。
化学合成農薬と化学肥料の使用量を県慣行(通常栽培)の半分 以下 で生産された農産物を栃木県が認証する制度です。

|