栃木産ほしいものつくり方

  • ほしいもの作り方
  • 栃木県ほしいも(玉豊)
ほしいもの作り方①
春、土壌検査・分析後、起耕します。
ほしいもの作り方②
夏、青々と芋の葉が茂りました。
ほしいもの作り方③
芋に付いた土を洗浄後、蒸かします。
ほしいもの作り方④
丁寧に皮を剥き、整形します
ほしいもの作り方⑤
平型や丸型に整形したお芋を乾燥棚に並べます。
栃木県の日照時間は日本一!太陽と男体山から吹き降ろすカラッ風で,約1週間乾燥させたらほしいもの完成です。
ほしいもの作り方⑥
秋、いよいよ収穫!玉豊は白いお芋です。
ほしいもの作り方⑥
私たちがつくっています(戸崎裕民・真代)
QRコードから携帯電話(またはパソコン)でアクセスして、商品の原料の情報(産地、栽培歴や使用資材等)をトレースすることができます。また、より安全、便利にお使い頂くために、レシピ、使用・保存方法、遺伝子情報やアレルギー情報等も公開しています。
畑の履歴書®にアクセスして検索手順どおり進み、左図の生産ロット番号(12桁)と、商品バーコード(13桁)を入力するだけで、「収穫日(年度)・加工日・出荷日」のトレースが可能です。店頭端末機不要の当社独自システムですので、導入コストはゼロです。また、保守管理は全て当社で行ないますので、面倒なデータ管理も不要です。
<商品特長>
完全自社栽培、自社加工品です!
専門機関による土壌分析後、完熟堆肥や有機質肥料を中心に土作りを行い栽培した玉豊を使用しています。
日照時間日本一を誇る栃木県の太陽と真冬のカラッ風「男体おろし」でじっくりと乾燥させたほしいもです。
畑の履歴書®栃木県産ほしいも(平)100g
畑の履歴書®栃木県産ほしいも(平)100g
畑の履歴書®栃木県産ほしいも(丸)100g
畑の履歴書®栃木県産ほしいも(丸)100g
戸崎さん画像
生産者:戸崎裕民・真代

|